固定金利選択型の住宅ローン

住宅を購入するにあたって、ほとんどの人が住宅ローンを組み返済を行っていく事と思います。
住宅ローンにもいくつか種類がありまして、変動金利の住宅ローン、固定金利の住宅ローンそして固定金利選択型の住宅ローンなど様々あります。

変動金利住宅ローンはその名の通り、半年周期で金利が変動してその変動した金利により返済額も異なってきます。
しかし、現在の日本の金利は歴史的に低金利であると言えますので、いま現在の返済であれば利用する事で低金利で返済をする事が出来ます。
しかし、現在が歴史的な低金利であると言えますのでいつまでも低金利のままではない。
という事も言えますから将来的には現在の固定金利の利率を大幅に上回る金利になる事もあり得る話しであり、難しい選択です。
固定金利は決められた金利で住宅ローン完済までおなじ利率の金利で返済をしていく住宅ローンで、金利に変動がありませんので、安定した返済を行う事が出来ます。
それから固定金利選択型の住宅ローンですがこれは最初に3年や5年といった期間を固定金利として設定し、期間が過ぎればまた利率が変動しまた数年間固定金利で返済をしていくという住宅ローンです。

これは、変動金利、固定金利両方の返済方法のいいとこ取りをしているという返済方法でもありますが、
変動金利同様、現在の日本の金利は安いですが、数年後どうなっているか予想する事は出来ませんので、将来的な事も含めて選択をする必要があります。

カードローン参考サイト

〜年収をすぐにアップさせるのは難しいですが、他社からの借り入れ額を、新たなカードローンの申し込みまでに減らすことは可能ですよね。
既存の借り入れと、新たな借り入れが同じ金利だったら無意味ですが、金利がとても安い銀行カードローンを利用するのであれば、手間がかかってでも借り入れを減らす価値はありますよね。〜

確かにこの方法なら他社からの借入額を減らすことは出来ますが、他のところから借りてきて借金を減らして、さらに新しいローンを作るような事をするのでしょうか…?