住宅ローンの使用使途

住宅ローンの使用使途は住宅購入に置いての土地の購入の為のつなぎ融資や、契約時の中間支払いとして資金融資を受ける事が出来ます。
住宅ローンの場合ですと、使用使途が明確になっておりますので、そこまで制限はありませんが、銀行などの一般金融機関から融資を受ける際は資金の使用使途を明確にし、書面上で契約を交わさなければいけません。

その為、使用使途以外の項目で資金を使用してしまった場合なんらかの形でペナルティーが発生してしまいます。
住宅ローンにおいての融資であればそのほとんどが住宅に関係する資金融資でありますから問題はありませんが、
自由ローン、フリーローンのような自由に資金を利用出来る借り入れを行う際は、使用使途は自由に選択をする事が出来ますが事業用資金としての使用は認められていないため
事業主は注意をする必要があり、また確認を行う必要があります。

前述で住宅ローンはつなぎ融資を受ける事が出来ると述べましたが、つなぎ融資は全ての融資を受けるのではなく、途中で
必要な経費を融資することを指しますので、つなぎ融資を受けてすぐ返済が始まるものではありません。
しかし、融資を受けた分の利息は返済まで発生していますので、土地を購入するためにつなぎ融資を受けた際は早めに住宅着工に向けて準備をする事でその分の利息も少なく済ませる事が出来ます。

関連サイト

レイク審査通る!即日ネット申し込み窓口【24時間OK・スマホ対応】
レイクの借り入れ条件、実際に借り入れできた人の口コミ、審査に通るための申込み術などレイク審査を受ける前にぜひ知っておきたい情報サイトです。