多重債務と任意整理

多重債務により、経済的にも生活的にも苦しいのであれば任務整理(債務整理)を行う事が解決策としてひとつの方法であります。
多重債務と任意整理は現在きっても切れない関係にあります。

それは多重債務で苦しむ多くの方が、任意整理(債務整理)を行い、多重債務から解放され余裕をもった生活を送っている人も多いからです。
任意整理(債務整理)を行ったらブラックリストに登録されてしまうのでは?と思うかたもいらっしゃると思います。
しかし、ブラックリストという特別なリストは存在せず、その代わり個人信用情報機関という所が存在します。
この個人情報機関という所に過去の債務状況や返済状況、職業や年収住所、そしてクレジットカードの有無などが登録されているのですが
過去にクレジットカードを作った事がなかったり、キャッシングや借り入れを行っていない人は個人情報機関に登録はされておらず、核当な師と言う事になります。
それを俗にブラックリストと呼んでいるだけではないかと考えられていますが、この個人信用情報機関に登録をされても

数年間で登録内容が消滅されますので、債務整理を行っていてもいずれは個人情報機関からの登録が外れる事になります。
その為、現在追っている負債を早期に完済させるためにも任意整理をする事が重要です。