過払い金と元本

賃金業者に余分に返済をしている事を過払いといいます。
過去に利息制限法の上限利息以上で借り入れを行っている場合、ほとんどの方が過払いをしている事になりますが、その過払い金を元本の返済に充てる事が出来るという事実を把握していたでしょうか?

もし、現在になってこの事実を知らない存在であったとしたならば、10年間さかのぼる事が出来、過払い請求を行う事が出来ます。
過払い金と元本が減額されるのですから、請求しない理由はありませんが、利息制限法の上限利息以内での借り入れを行っていた場合には適用されませんのでご注意ください。
そして、賃金業者の借り入れ返済がすべて完済している場合でも過去に過払い金が発生している可能性がありますので、多く支払い過ぎた利息分を返還請求することが出来ます。
中には大変な借金を負い、利息の支払いだけでも目が回るような返済に追われている人もいる事でしょう。

しかし、利息制限法の上限利息以上の利息を支払っていたとすればもう少し借金も少なく、返済期間も短く済んだ可能性もあるのです。
利息制限法の上限利息は29、2%という利率ですので過去の借り入れ利率がそれを上回る利率であったとしたならば、司法書士か弁護士にご相談ください。